食事の順番と量を見直してダイエット

痩せたいけど運動はしたくない、という方は多いのでしょうか。

 

運動する時間がない、運動が嫌い、という方におすすめしたいのが、食事の順番と量を少し変えるだけの簡単なダイエットです!私は妊娠中に体重の増加が激しく悩んでいたときに、この方法で2週間で2キロの減量に成功しました。便秘も解消し、肌荒れも減り、以前よりも健康になりました。そこで今回は、私が試したダイエット法について紹介したいと思います!

 

食事の順番を決める

 

私がこの方法に気付いたのは、実は妊婦検診で糖尿病の疑いがあり、食生活を見直したのがきっかけでした。糖尿病の場合、食事後の血糖値の上昇が激しくなるのが特徴で、治療する際はまず血糖値を緩やかに上げる食事療法を行うのが一般的です。

 

この血糖値を緩やかに上げる食事方法というのが、ダイエットにも効果的なのです。

 

ポイントは、野菜、タンパク質、炭水化物の順に食べ進めることです。

 

例えば、まず最初にサラダ、その後はお味噌汁、主菜、ごはんという順番で食べていくのです。野菜は血糖値を下げる役割があるので、最初に食べます。他にも、海藻やきのこ類も同様の効果があるので、先に食べましょう。次に汁物やタンパク質です。

 

これらの食品には糖質が少ないので、野菜の次に食べると良いです。最後に糖質を含むごはんやパンなどの炭水化物を食べます。糖質制限ダイエット、という炭水化物を抜く方法もありますが、バランスよく食べることも大事なので、私は必ず食べるようにしていました。

 

食事の量を見直す

 

糖尿病の疑いがあったので、原因となる「糖質」には気を使っていました。ごはんやパンなどの炭水化物は糖質を多く含みます。そのため、今までごはんはお茶碗1杯食べていたのを、お茶碗半分程度にするようにしました。

 

そのぶん、サラダやおかずの量を増やし、お味噌汁やお茶を用意してお腹を膨らませるようにしました。最初は物足りなかったのですが、慣れてくると少量のご飯でも満足できるようになりました。大根サラダや根菜の煮物など、咀嚼回数の多そうなメニューはすぐに満腹感が得られるのでおすすめです。お菓子にも糖質が含まれているので、できるだけ食べないのが良いのですが、どうしても食べたい場合はおやつは干し芋やスルメなど自然のものを選ぶようにしましょう。

 

この食事方法は、ダイエットに効果的なだけでなく、糖尿病予防にもなります。普段の食事を食べる順番を変えるだけでも効果があるので、簡単に痩せたいという方はぜひ試してみてくださいね!