誰でも痩せやすい体質へ変わることができる

太りやすい体質の人にとって、食べても太らない人ほど、羨ましいことはありません。
少量食べただけで太るなんて、グルメが好きな人なら、なおさら辛いことだと思います。

 

太りやすい人でも、痩せやすい体質へと改善することは可能なのでしょうか。
答えは、YESです。

 

誰でも痩せやすい体質へ変わることができます。

 

ここでは、痩せやすい体質へ改善するための知識を紹介していきます。

 

痩せやすい体質とは、基礎代謝が高いこと!

 

痩せやすい体質とは、基礎代謝が高く、カロリー消費しやすい体質のことを指します。
基礎代謝とは、呼吸・思考などの脳の活動・体温の調節などの人間が活動する上で必要なエネルギーのことを言いますが、この基礎代謝を高めれば、運動しなくても勝手に身体の消費量が上がるので、楽に体の肥満を防ぐことができるのです。

 

1日に必要な基礎代謝量は、一般的にどれくらいなのでしょう。

 

性別や体格の違いにより個人差はありますが、一般的に、1日あたり、成人男性は約1200〜1600キロカロリー、成人女性は約1000〜1300キロカロリー必要と言われています。
この1日の基礎代謝量をなるべく上げるには、どうすればよいのでしょうか。具体的にみていきます。

 

無酸素運動を取り入れる

 

無酸素運動とは、息が上がるほどの激しい運動を指します。

 

激しい運動というと、運動に馴染みのない人にはハードルが高いことのように思えますが、息が上がる運動であれば良いのです。例えば、散歩であっても、少しいつもより早歩きをすれば、それだけで呼吸が浅くなり、息が上がる時がありますが、この状態が無酸素運動です。散歩であっても、無酸素運動をすることは可能です。

 

有酸素運動の代表として、散歩を取り上げることがありますが、この意味の散歩とは、息があがらない程度のゆっくりとしたペースの散歩を意味します。同じ散歩であっても、呼吸が浅いか深いかで、違いがあります。
この無酸素運動で、脂肪を燃焼してくれる筋肉を増やせば、おのずと痩せやすい体質へと変わります。

 

内臓の調子を整える

 

基礎代謝のエネルギーの内訳を知っていますか?
基礎代謝で一番、エネルギーを消化するのは、実は内臓です。

 

肝臓27%、腎臓10%、心臓7%と約半数の割合を占めています。先ほど挙げた筋肉に使われるエネルギー消費は18%なので、内臓の基礎代謝を上げることがいかに重要か理解できます。
ここで、疑問なのは、内臓の基礎代謝量を上げることは可能なのかということです。
実は、内臓の基礎代謝量は、内臓の調子を整えることで実現できます。

 

中でも、肝臓は、内臓の中でも、一番エネルギー消費しやすい部位です。肝臓の働きを良くするために、アルコールを控え、バランスの良い食事をとるよう心がけていくことが大事です。

 

血行を良くする

 

血行を良くすると、血の巡りが良くなり、血液に乗って栄養と酸素を隅々に届けてくれるので、必然的に内臓の調子を整えることに繋がります。
血行を良くするために温かい飲み物を飲んだり、温野菜を積極的に取って体を温めましょう。

 

血行を良くするには、冷えは大敵です。寒い時は腹巻きをしたり、ブランケットを持参して、絶対に体を冷やさないよう心がけましょう。

 

食事制限ダイエットはNG!

 

食事制限の伴うダイエットは、一時的な効果はありますが、リバウンドしやすいのが現状です。
痩せたい人は、痩せやすい体質づくりに取りかかった方が、安全に健康に美しく痩せることができます。リバウンドもありません。長い目で見て、どちらのダイエット法が得策なのか考えて、実行してみましょう。

 

お嬢様酵素の口コミについて